2009年09月28日

地獄週報9月最終週

いまや死霊のはらわたもミュージカルになる時代。

しかし正直それ聞いて、あんま驚かないじゃないすか。
だってスリラーで踊るゾンビはとっくに見ているわけで。

驚いたのはピーナッツ(スヌーピー)のミュージカル化の方。
衝撃的。キャストはおっさんおばさんばっかで、ちびっこを
「イエー!」って両手足をピンピンに伸ばしてジャンプとかで
演じるわけですから、リアル完全に頭おかしいショーになってました。

なに?

そんなことをやらかす人間がいるわけねえ?

ばか、いるんだよ。

たとえばシュローダーのピアノを囲むシーンなら

pea1.jpg

チャーリーブラウンを囲む、とくれば

pea2.jpg


完全にウィグルスじゃねーかというご意見。ごもっとも。


pea3.jpg
   ↑
(狂気のオージー4人組ウィグルス・放送禁止希望)

それだけでなく、ピーナッツの主役は可愛いビーグル

ウォームパピー、スヌーピーですが、この面々の手にかかると


pea4.jpg

ほんと、舞台というか芝居って別世界。狂ってんなアメリカ。
これが正気と言い寄られたら殴っちゃうかもしれん。自己防衛で。

あ、でも梅ちゃんが鼻からグリーン豆飛ばしてOKなんだから、
日本も同じみたいなもんか。


そういうわけで芝居や舞台を見に行くことはほとんどないんですが
これは行きたいぞという作品も、実はあるわけです。


どうせ毎度のくだらない話とはわかっちゃいるけど、いちおう続きを読む
posted by サンダーロードスタイル at 19:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

日報休止のお知らせ

大変遅くなりましたが梵鐘奇遇通販のご案内、送信させてただきました。
届いてない方は、お手数ですがTOPのメールよりご一報ください。


さて、先日書きましたとおり、ご支援くださる皆様と楽しく
脳内を花畑に出来れば、と続けてきたこのヨタ日報は、
釣った魚にエサはいらねえとばかりに本日で一旦休止ということになります。


99222.jpg

そんな顔すんなって。



年内中は週報でやらせていただきます。毎月曜にアップっつーことで。
他に特別な何かがあれば、告知とかで書くかもしれんすが基本週1。

その後発見されたNSPのナラシ汁の検証や、同じノンサルファのIDクレイ
アルテ65の使い心地と有用性、スカルプアシストキットの製作
新作の製作、そしてなんつっても牛頭さんの彩色などその他いろいろ
ありますんで、あんまし更新頻度は変わらないかもしれないですけどね。

というわけで、とりあえず来週月曜までごきげんよう。
posted by サンダーロードスタイル at 10:30| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

いよいよ!

さて、上部に掲示していた「梵鐘奇遇」生産状況の記事を外しましたが



ということは!



えー、大変長らく、たいへんナーガーラークー、お待たせいたしました。

たぶん今、日本で一番カッコいい親父人形の、

おそらく今、日本で一番背中で語ってる親父人形の、

間違いなく今、日本で一番媚びてない親父人形の、

望む望まざるとに関わらず今、日本で一番男性ホルモン噴出人形の!

「梵鐘奇遇」量産品が到着しました。

長かった・・・

あまりに長かった・・・

99221.jpg



いーや、泣いてねーよ。チキショー。




本当の気持ちはさ、


こんなだ。

99223.jpg



ご注文いただいた方には順次御連絡させていただきますので、
今しばらくお待ちください。もう少しであなたのお手元に
重量1.3kgのレジン塊をお見舞いさせていただきます。

どうぞお楽しみに。


しかしまあ残念なお知らせもあるわけです。

それはこの地獄日報がやっとこ、お休みに入ってしまうというこの事実。
いやー、今回は続けたな。実際。
楽しみにしてらっしゃる皆様には申し訳ないですが
ワタクシの衰えることを知らない元気全開のヨタ話は
再び週報へと格下げ、次回WF開催の1ヶ月前までその調子の予定です。

とはいえ、その分、ガンガン作ろうと思ってます。マジで。

思ってますっつーことは、今作ってねえんじゃねーか!っつーことですが、
無限修正地獄の中粛々と作業中で、他の余裕は一切ございませんのでございます。
posted by サンダーロードスタイル at 05:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

ノー金属ノーライフ

なんとチマタはシルバーウィークだそうで、ど連休じゃないすか。
まったくいつの間にそういう名前を決めたんだニッポン。
カップヌードルは人工肉をやめちゃうし。正気じゃねえすニッシン。

当然我が家はシルバーなど一切関係なく、Mrブラウンとの遠出はおろか
散歩すらままならない毎度のネバーノッピキ状態。
せめて金属で毎日を例えてもせいぜい亜鉛合金程度。
ジンクロンデイバイデイです。このやろう。

まあそれはそれとしてせっかくなので、メタルチックな話を。

リアルナスビ、ドンチードルの起用だけでなく、クリップを見て改めて
チードル全然使えねーじゃねーか、とダメっぷりにがっくり来ている
アイアンマン2。

しかし、アイアンマンはパワーアップしてます。

99211.jpg


ずいぶんと前に発表されたこの写真のほかに、

あらたな写真が公開されましたぞ、


99212.jpg

99213.jpg

最初の写真とたいして情報は変わってない気もしますが
腕の関節とか新しいでしょ。ジーパン一丁とか。

さらにアークリアクターもクリプトナイトをエネルギー源として
すっかりパワーアップの・・・

そうです、メタロです。すいません。

スモールビルのシーズン9で大暴れの予定です。

まあ金属話には違いないっつーことで。
posted by サンダーロードスタイル at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

ツエー

Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.
アーサーCクラークいわく、高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない。

なるほど。そういうことになりますな。

つーわけで

出ました、現代の魔法。数あるリモコンを押しのけて君臨する
リモコンの王、ユニバーサルリモコン。

というと、欲しいのはこれでしょ。

99207.jpg

残念、売り切れ。魔法関係ないし。



そうでなくてこれが出たんすよ。

99201.jpg

99202.jpg

なんと、ボタンでなくグリグリ振り回して操作するリモコン。
マジカルワンド、ユニバーサルリモート。

いやー、すげー時代が来たな。宇宙ステーションに荷物を運ぶ
日本のロケットはできたし、ロボット兵器導入デモでロボ暴走して
採用見送りになるし、そうかと思うとすでに無人戦闘機械同士が
勝手に実戦で戦ってるし、ヨーロッパじゃビッグバンを再現しようとし
臓器プリンターが内臓を複製可能になるしで、あげくに魔法の杖すよ。


しかしこれはTVなんか動かすんじゃなく、他のモノを動かす杖として
使うしかねーです。

そうなったらなにをおいても、まずこれだ!

99203.jpg

インディジョーンズに出てきたアリ。これを動かすしかねえ!
アリよ!あの子供を食ってしまえ!

と思ったら、これはラジオコントロール。
ユニバーサルリモコンは赤外線コントロール・・・、痛恨なり。

人食いアリ操れねーのか。いいアイデアだと思ったんだけどな、ちぇー。

でもじゃあ赤外線コントロールでなんか操り甲斐のあるもんは、と

探してみたら、

大きな蜘蛛発見。


99204.jpg

全然いらん。


くそー。

全開、巨大アリ操りてーなー。魔法の杖でよー。

99206.jpg

まあ、30分も杖振り回してたらすぐ飽きちゃうとは思いますけどね。
posted by サンダーロードスタイル at 02:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

タブー

先日の昭和SF展の南村喬之画伯。
特撮ファンには怪獣の図解なんかで有名ですけど、
そうじゃない特集なんかの方が自分にはなじみが深くて

99191.jpg

とか、怪奇臭い感じがなんともナニなわけで、基本的には
夢と希望のステキな怪獣パノラマというより

柳柊二

99197.jpg

とか

石原豪人

99196.jpg

とかと同列の、書いちゃいけないモノを書く悪い大人なわけです。
でもそれがまた魅力なわけです。禁断の味、禁忌への誘惑。

男の子は、こういう悪い大人にいろいろ耳打ちされて育つわけですが
現代はすっかりそういう悪い大人が減りました。

と思うでしょ。

おりますよ。

以前日報でも紹介した花輪先生が。

その本でも見事にこの作品を書いてましたが

99193.JPG

99192.JPG

まさに直系。

ちゃんとまだまだ、書いちゃいけないことをキッチリ書く立派な大人がいるんだな

と、思ったところに下巻が発売になりました

99194.JPG

んですが


そこには

さすがの俺も

悲鳴を上げる描写が!



99195.JPG

わーーー! け、け、警察を・・・!
posted by サンダーロードスタイル at 05:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

ハシゴ

2週間外出ナシで、徹夜&風邪のヘロヘロで納品したところ、2日間ダウン。
それでも博徒七人の上映が1日だけなので、気力を振り絞って行き、
そんでおそらくすぐにも納品したのの修正が切って返すように
襲い掛かってくるのは間違いないので、空いてるのは今日だけしかねえ、と
血股を石鹸している話題の展覧会、メアリーブレア展と少年SF展をハシゴ。

メアリーブレアに関しては、そう展示しないで欲しかった最悪のパターンを
見事にフルスイングでやらかしてくれちゃっており、最後はもう完全に
オバケ屋敷か精神病棟。ひでえ、としか言いようがないす。
そういや以前もここの展示のピンボケぶりに腹を立てた記憶が・・・

一方、その真逆と言っていい、昭和少年SF展。
展示物は印刷物が多く、原画が少なかったのが残念すがそれでも
十分にいろいろ窺い知ることができ、こちらは大満足。
昔の大人はバカばっかだな、と終始感心しつつ笑顔。揃いも揃って素晴らしすぎ。
子供がそんなん見てバカに育ったらどうすんだ、っつー話をしましたが
あ、あの本持ってる、あれ読んでた、俺、ああいうのやりたいんだ、
と結局、バカに育った社会不適合の見本がワタクシだったようで。

しかし中でもやはり輝いていたのは南村喬之画伯の業の深い絵の数々。
同じ業の深さでもメアリーブレアの業は、こちらも笑顔ゼロにされますが
南村画伯の場合は、奇怪にして軽妙、そして完全無責任。素晴らしいす。

やっぱね。楽しくやるべきなんすよ。なんでも。

楽しさの極みである爆笑画像を載せたいとこですが、資料がどこに
埋まってるのかわかんないので、展覧会のポスターで我慢してください。

99181.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

続・感動主義

人は願い続ければ、いつかはその思い焦がれていたものに
出会えるものです。

ワタクシ、本日、願いに願っていたこれと出会ってきました。

99176.JPG

スーパーかっこいいす。これ以上かっこいいもの、あるかな?
ねえんじゃねーかな。

しかしなんつーか俺、大好きなんですよね、山本麟一という役者が。

関連書籍は、奥様の記したこれですぞ。ファンはゲットですぞ。

99177.JPG


このマストロゲンとゲッタロゲンが同時に過剰分泌する
片足少林寺拳法のスチルこそ

脚本の笠原和夫が、唯一2次使用料をもたらさなかった作品だと
言い切った、お蔵入りムービー。


99171.JPG

池袋の新文芸座で見てきました。

前はションベン臭い劇場でしたが、今はピッカピカに奇麗です。


ご覧の通り、七人の侍的なのをいつもの面子でやりましょうという
感じと思いきや、意外にねちっこい展開と、勢いの演出で痛快な
作品となっておりました。

若干問題となっており、それゆえにTV放送やビデオ化されなかった
主役7人全員障害者という設定。

99172.JPG

99173.JPG

99174.JPG

別にそんな差別的な意味は感じられねーけどな、と見てたんすが
山城新吾が若干ふざけてる臭いのがギリギリひっかかりそうです。
毎度毎度、危ないぜ新吾。アイブサキちゃんをチョメチョメ呼ばわりの
デンジャーボーイぶりは、この当時からそこはかとなく漂ってます。

しかしそれ以外は極めて健全かつカッコよろしい内容でした。
桜町弘子が手を振って「ありがとうー!」と叫ぶくらいですからね。
これを子供に見せないでどうするってんだ、っつー。

しかし中で一番カッコよかったのは小松方正で、
せむしで脱獄囚という2枚看板だけでなく、異常な跳躍と
石工用の鏨(タガネ)を投げて心臓にぷっ刺して殺す暴れぶり。

俺も子供の頃、近所の石屋さんからそれもらって持ってたけど
人に向けて投げるっつー発想は全然なかったです。
アマアマだ、俺は。
posted by サンダーロードスタイル at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

感動主義

先日の感動したモノの続き話ですが、苦戦中、もうひとつ感動したのは、
あるニュースでJAXAの通信衛星を使った新しい救急医療システムの話。
「トリアージタグ」というチップを搭載したペンで入力した情報を反映させるシステムなんすが、
なんと入力先でなく(つまり特殊なタブレットに特殊ペンでということでなく)
ペンそのものが情報端末として単品で機能すると。ペンの動きそのものから
情報を読み取り、カルテを書いた尻から宇宙に送る。そうすると通信衛星経由で
情報が災害対策本部に送られ、どの程度のけが人がどこに
集中しているかなどの情報を対策本部で即時把握し、どの病院に運ぶかの判断を
効率的に行えるというシステム。誰が書いても情報が伝わる。
大規模災害での混乱を見越した実に画期的システムです。
最近輝いてるな、JAXA。子供の頃にあったら普通に憧れてた気がします。

しかしまあ宇宙の話っつーと、どうしても興味ない人にはまったく
魅力の無いもんで、先日もハッブル宇宙望遠鏡の魅力を説明したんすが
なかなか伝わらない。

だが、例えを変えると簡単に伝わる。

ハッブル君は、

長い歳月とスゴイ予算で生み出されたお坊ちゃま。

99162.jpg

20億ドルです、たしか。



で、いざ発表会に出てみたら

99161.jpg

実際はこんなでした。ガーン。

困った親(NASA)はあわててメガネをかけさせ、
閉じない社会の窓を閉じ、どうにか任務につかせたわけです。

ケアしてもらったら強いですよ、ハッブル君は。

美しい画像の数々を一所懸命送るハッブル君。
一人で宿題をこなし続ける優秀なハッブル君。

静かな宇宙にたった一人。

99163.jpg


それが20年のお勤めを終えることになります。


2013年。

親はハッブル君を、こうするつもりです。




99160.jpg

すげーぜ宇宙。容赦ねえ。

20年のお勤めを終えて、やっと娑婆に帰れると思ったら
親分!そりゃねえんじゃねえですかい!
鉄砲玉にだって意地がありまさあ!
男ハッブル、ケープカナベラルに突っ込んだれい!


ということです。

どうかな。宇宙の魅力が少しは伝わったかな。
posted by サンダーロードスタイル at 01:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

理想主義

日報でもおわかりのとおり、まー久々に追い込まれておりまして。
作業もちょいとハードだったんすが、それにもまして
どっかで風邪をもらったようで、ノドの痛みと体のダルさが大爆発。

免疫上げたり薬飲んだり、それ以上悪化しない程度に押さえ込んでは
いたんですが、結局寝てないから、相手に常に塩を送りつづけているどころか
弾薬から燃料まで与えているようなもんなわけです。
なのでここ1週間、睡眠不足と気力不足で作業時間以外はほぼ朦朧。

体がつらくて仕事が出来ない場合、後ろからナイフで突付かれて、さあ走れ!と
言われてるようなもんです。走れっつわれても、もう足が動かねーんだよ、とシブシブ
どうにか文句タレタレ歩き続ける、というような状況なわけです。

そういう時はせめて無理せず気力とか体力温存させ、最終的にはどこかの段階で
気力を爆発させ大逆転。ナイフでちょんちょん突付いてくるヤツをテメーコノヤロー!と
逆に追い掛け回して捕まえて、頭の皮をはぐくらいの勢いを取り戻すのが理想。
じゃないと仕事っつーのは終わらないというか、勝てないわけです。
後手に回ったら勝てない。つくづく気力って大事。

そういう時に気力を増してくれる、もしくは援護射撃になってくれるのは感動。
何かに感動すると、大変パワーが増加します。

ここ数日で感動した一つはアルプスの話。

先日、アルプスの自然が長年に渡りかなり徹底管理された人の手によるものだと
初めて知りました。あの野っ原はウシのウンコも石ころも管理されてるんだそうで
ハイジでみかけるあの緑、冬の間に高い位置から積雪の影響とかで落ちてくる石を
夏の間に拾って整備し、牛やヤギの糞はきちんと堆肥として計画的に撒布。
そうしないとあの草原はすぐダメになっちゃうんだそうで。
場所によっては家畜の数×労働時間で年間の管理義務があるそうで。
そうかあの風景は人の手だったのか。すげーなー。
理想的なものを維持する為の過酷な現実。カッコいいぜ。アルプス。

理想

99151.jpg

現実

99152.jpg

理想

99153.jpg

現実

99154.jpg

理想

99155.jpg

現実

99156.jpg

現実はキビしくとも、ヘコたれちゃーいかん。男は強くあれ。

可愛いヤギのユキちゃんを食わなきゃいけないけど、みんながどうしても
胸が痛んで殺れないっつーなら、しょうがねえ。俺がやる。
から一番美味しいとこ貰っていい?という人間が俺の理想です。
posted by サンダーロードスタイル at 02:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

やりとげた感

あり

991401.jpg

寝る資格もあり。

と主張したい。
posted by サンダーロードスタイル at 05:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

現実から

991201.jpg

逃避しかけております。
posted by サンダーロードスタイル at 01:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

泣きっ面に蜂

991301.jpg

この非常時に風邪・・・。
posted by サンダーロードスタイル at 00:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

依然、追い込まれ中

99111.jpg

真剣に仕事と向き合っております。
posted by サンダーロードスタイル at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

追い込まれ中

99101.jpg

ほとんどこんな感じ。
posted by サンダーロードスタイル at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

いつかMrブラウンと

物理的に無理だっつー仕事を、どうにかしている最中なので現在は
気分転換がまったく不可能ですが、とりあえず終わったら

狭山湖までサイクリングに行くんだ俺。

モデリズムがやってるようなオシャレサイクリングではないす。
レーサータイプにまたがってアイポッドで音楽?ご冗談を。

男は、ママチャリに鼻歌で十分。
小さい音楽の機械とか俺に見せるなよ。ホン投げちゃうぞ。ドテの向こうに。

だいたいなにが自転車ブームすか、こちとら5歳から三角乗りよ。(←普通)
それに俺は後ろ向きで乗れるぜ。8の字かけるぜ。
明日に向かって撃てのポールニューマン見て、練習したんだぜ。

99092.jpg

これに憧れて練習し、かつてツレアイを後ろに乗せてたんすが銀行の
花壇のコンクリに膝を激突させたり、全力疾走しているところ
そのまま横に落っことして、サイドワインダーみたいにゴロゴロゴロ、と
転がしたりしてから、もう俺の自転車の後ろには乗りたくないそうです。

ちなみに

この状態で

90993.jpg

全力疾走して両手を離してみた事があるんですが、アスファルトに
叩きつけられ、60番のヤスリで全身こすられたようになりました。
死ぬかと思ったっつーか、ちょっと死んだ。良い子は真似すんな。

しかしまあそういう危険な時代はね。
さすがにもう卒業しておりますからね。爽やかサイクリング希望です。

つーわけで、走ると後ろの車輪がグラグラしている俺のママチャリ、サビだらけの
茶色マシン「Mrブラウン」がついにもう油やメンテではカバーできないほどの
構造的なダメージが蓄積し、いろんなところから奇怪な音を出して
死にかけております。だから最後に一緒に旅をしてやりたいのです。
本日の詩的なタイトルのように。


こんな感じで。

99091.JPG

なに?

このサントラは出てないはずじゃないか、って?

おお、スルデーなこのやろう。マニアだな。
なんか映画作ってるらしいですぜ、ピーウィーの新作。
いろんな意味で、大丈夫か心配です。
posted by サンダーロードスタイル at 06:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

タリンパワー

物理的に無理

という嫌な言葉が何度も打ち合わせ中に出てくるにも関わらず、
とりあえず死ぬ気で頑張っているこの頃。バキバキに集中して
作業しておりますが、机から離れると完全にグッタリです。


もっと力が欲しい。


実家のアラビアの方が大変だからと言って帰っちゃった彼が
戻って来て俺に力を貸してくれないもんか。


アイよ。


俺に力を・・・


99081.JPG
posted by サンダーロードスタイル at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

コッチガワ

さて、9月の第一週が終わりましたが、梵鐘の量産の方は
こちらにもまだ連絡がございません。

ので

ここまで準備してある今、これ以上なーーんもすることが出来ません。

99071.JPG

ご注文いただいてます皆様、今しばらくお待ちください。
いくらなんでも今週中には御連絡差し上げられると・・・信じたいす・・・


さて、そういうわけで発送し終えるまでは続けるぞと思ったこの日報も、
なかなか休みに入れませんな。
毎日毎日ヨタを飛ばすのは意外に必死です。

書く前には「なんかくだらねーことねーかな」と何度も呟いておりますが
なにかしら出てくるもんで、書いてる自分がビックリするくらいすが
今日はそういう事のネタばらしを書いているというわけで、それはつまり
くだらねーことがねーのです。

だから今日は妥協して時事問題に触れることにします。


新しいニュースです。大事件です。


なんと


なんとだ


クリーチャーVS生身の人間バトル映画大好きの皆様、お待たせしました。


ランボーが生まれ変わるそうですぞ。

99072.jpg

米軍が研究してた超兵士計画から脱走した獣人を
ランボーが追い掛け回すそうです。なんつー素晴らしい路線変更。
なんで最初からそうしなかった。

って、ここで気付いたあなた。


正解。


そう、これは数作だけハジけたスーパーバカ作家、ジェイムズバイロンハギンズの
「極北のハンター」の映画化、じゃなくてランボー化です。

スタローンが映画化権を買ったというのはその原作の帯にも書かれてましたが
原作の主人公はネイティブアメリカンの技術が叩き込まれたトラッカー。

敵はミッシングリンクの途中でその凶暴性ゆえに自滅した肉食類猿人。
シベリアトラのツメとゴリラの腕力、人間の知能を備えた最近で言うと
ピクルと夜叉猿を混ぜたみたいヤツ。

そいつの銃弾をはじき返す衝撃に強いサイのような皮膚を破るには
日本刀みたいな切れ味鋭い刃物で切り裂かないとダメなんすが
追撃する特殊部隊にいる、日本刀背負った男がリーダーなんすねー。
クリーチャーVSポントウ。男の夢だな。

この素敵なバカ作家のハギンズの前の作品は、
斧を振り回す巨漢フィンランド人VS恐竜とか
超再生する細菌爆弾のオカルト怪人VSスペシャルコマンドとか、
もうそれ以外ないだろ、っつー作品を連発してたんですが、さすがに
我に返ったらしく、今はそういうくだらない執筆はやめたみたい。
こっちに戻ってこいよーハギンズちゃんよー。

逆に政治問題に大人気ないアプローチで社会派を気取る方向で行くのかと思った
スタローンの、爽やかな娯楽路線復帰にステロイドの脳への影響を指摘するヤツは
俺がブットバス。血迷ったわけじゃねーんだ。こういう映画こそ普通。

頑張れスタローン。あんた正しいぜ。こっち側だぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 07:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

ノーフューリー

怒りの超能力と言えばこれ

99061.jpg


あとはこれとか

99062.jpg

そういや高校の時、映画研究部というのがあり、ワタクシ1年生だったので可愛く
入ってみたら、なんというか気持ちの悪い先輩というかあまりワタクシの
趣味ではない上級生の方々が数人おりまして、どうやったか記憶にないすが
とりあえず丁重に(たぶん)いなくなっていただき、一年生の天下にした後、
よし!モノホンの映画上映会だ!客の気持ちを掴むのは
冒頭でパンチのあるコレしかねえ、とスキャナーズを上映したら、
ほとんどお客がこなかったです。


もちろん冒頭のシーンってのはこれ

99063.jpg

99064.jpg


なんだふざけんな映研!と既存の部員追い出し張本人の俺が飽きて
行かなくなったので潰れたんじゃないかな、あの高校の映研。知らないけど。

つーわけで怒りの超能力が爆発するのは基本中の基本ですが

先日のDVDレコーダーの、開かなくなった扉。

実はその前後で
レコーダーの右側にあったスリムファンが動かなくなり
レコーダーの左側にあったPCが突如おかしくなりまして。
そんで真ん中にあった機械の扉まで開かなくなったと。

が、先日突如、なんか開くんじゃねーかなと思ってボタンを押したら、
なんと開きました、コノヤロウ。テメー人騒がせな。

ツレアイに言わせると、俺がカンカンに怒ると機械が壊れるんだとか。
ナニをバカな、と思ったんすがすいません、たしかにチョイ前にスゲー怒りました。
モノに当たることは全然ないんすが、なんか電磁波とか脳波とか臭いガスとか
ムワーっと出てんのかもしれません。


ちなみに


ガスと言えばこのラジコン。

99065.jpg

シッポを上げて、ガスを噴射するポーズまで出来るそうですが
実際にガスは出ません。残念だぜベイベー。
出したかったら自分で仕込むしかない。男の技術はそういう時こそ出番だ。
posted by サンダーロードスタイル at 05:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

ニワー

少し話は戻りますが、先日の江戸東京たてもの園。
一番時間を過ごしたのが高橋是清邸。

以前はここに休憩スペースがあり、茶店として重宝しておりました。
特に夏のかき氷はきちんとササメで実にうまかった。
血股を石鹸するかき氷の9割は、コジャリと言ってもいい。フラッペであっても
決してかき氷ではないわけです。老舗の甘味処ですら平気な顔でフラッペを
出しますかんね。俺が気短でなくてよかったねっつー感じで店のオヤジの
ホッペタをペンペンしてやりたいすが、しないす。大人だからな。
しかしここは普通に本物のかき氷が出る店、というか場所で。

けど経営が変わり、休憩スペースは今年の3月から廃止。

IMG_2413.JPG

だいぶ楽しみにしてたんで残念だったんですが、そのおかげで休憩室に
使われてた庭前の部屋や廊下をよく見ることが出来るようになりまして。

邸に使っている部材は要所要所、栂だそうです。ツガ。業界的にはガーツー。
栂は木目がクッキリと出て、柾目が美しく手心地の良い木。それを憎いくらい
贅沢に、また的確に使っている。これほどの柾目を残すには一体
どれくらいの原木だったか、と。そしてそれほどの原木だったら、
一山にどれくらいの割合だったか。しかし柾目が欲しくば天然だけで
探すのは至難の業に違いない。おそらくはこれと見つけた見事な栂を
目利きの樵が手間隙かけ下生えや周囲を整え、丹念に育てたのかもしれない。
何十年かけて丹精込めてやっと出来上がったものかもしれない。
結果的にそれはリパンアパッチ族の言うところのケアテイカーなわけです。
まだ人間と自然の理想的な関係が残されてた明治の遺産です。
それが様々な人の手を経て、やっと床柱や天井に使われるわけです。
そして様々な状況を経て、ずっと残されて行く。素晴らしい。

そもそも建築っつーのは、好きな人にとっては究極的な遊びじゃないすか。
最大級の造形物。オーソンウェルズが言うところのでっかいオモチャの汽車です。
そこには己の人生を預けて納得すべく、様々なコダワリが込められる。

栂をはじめとする部材の選定、構造や景観、窓からの季節や、客への配慮。
これを求めた人物がどれほどの人物かはこうして残ったものからも
十分すぎるほど伺いしれ、ビリビリと凄い刺激を受けます。
まさしくよくも悪くも自己満足のカタマリで、審美眼の顕れであるわけですが
ゆえにその満足の度合い、目指した高みが如実に残されてるわけです。
一国を率いようという人物は、これくらいハッタリと諧謔と知性があって欲しい。

隣にある西川家別邸というのも非常に見事な建物なんすが
質実剛健にして凛と1本、筋が通っている是清邸はまさに貫目が違う
風格を感じます。歴史の舞台ということは一切差し引いても、是清翁の
人格を十分に伺い知ることが出来ます。

是清邸にはそんな人の思いを見事に伝えてくれる部分がそこかしこに
残っておるわけですが、俺みたいなボンクラには当然なかなか
見抜けるものではなく、ボランティア説明員の方のおかげでいろいろと
見えてどうにかパズルがハマってくるわけです。実に勉強になりました。
おそらく3回はここを訪れてますが、こんなに建築をよく理解できたのは初めて。
でもまだまだ見識や理解は深められるはず。ああ自分のバカが恨めしい。
来園の際には話を伺うことをオススメします。

秋の紅葉の美しい時にまた来て、翁が客人に見せたかったであろう
庭の景色の一端でも味わえればと思ってます。

ああ、いつもは隠している知性がたまにあふれ出てすいません。

でも建築や庭は、仕掛けている人の人格込みで面白いんですよね。
俺もいつかは大河内傳次郎のように庭をデザインしたり、
修学院離宮のような「生活を借景」とするような庭が欲しいと考えてましたが
最近、いいなと思いついたのは



思い切ってこういう感じの広い場所を買って、庭とする。

99051.jpg




そんでたまに散歩し

99052.jpg


私有地なので火薬を仕掛け放題

99053.jpg

という庭はどうか。

おいおい、随分と新しい発想だぞ、これは。

たまに学生を雇って、このテのヌイグルミ着せて
とっくみあいさせるというのも一興。日給8000円。
特別手当2000円で、バイクで追い掛け回しても良いというのはどうか。

悪い貴族の人間狩りみたいになるからダメか。
私有地の爆破行為もダメだな。
posted by サンダーロードスタイル at 00:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。