2009年04月28日

トレフェス in 神戸1 告知

明日、4月29日(祝・水)11:00〜16:00
神戸国際展示場2号館

GILLGILLブース(Bイ21-22)にて

六代目陸太郎も取り扱われるそうです。


そして私がまったく行わない(出来ない)

彩色見本を!

やっていただきましたぞ。

094281.jpg

094282.jpg

どうだ。

赤ん坊にモンモンを乗せようというこの暴挙。

非常識極まりない感じでグーです。ホッペも赤らみ具合が
実にペロペロしたくなる感じで(←すんな)グー。

詳細はこちら。GILLGILL、HPにて。
gillgillbanner.gif

明日は神戸で陸太郎と握手!(手は作ってないすが)
posted by サンダーロードスタイル at 18:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

地獄週報 4月第5週

前回の日報からこっち、まるまる1週間親分ナシの子分ナシ。じゃなかった。
外出ナシの散歩ナシ。完全困っちんぐの余裕と睡眠ナッシング。
毎度のことですが今回は特に追い込まれており、横になったら目が回るくらい
マジで追い込まれてました。締め切り延ばしてもらったのに分単位の大騒ぎで。



で、そんな大パニックの中



ん?

謎のモンキーが窓辺に!

094271.jpg




あいつは!?



094272.jpg

ランカーモンキー。2歳。生息地ボルネオ。


ずえー、ビッグサイズ。

おもちゃじゃねーなここまで来ると。


おまえはもう


家族です。


094273.jpg イエーイ!カゾーク!


なんと素晴らしい前肢のバランス。

可愛いなホントに。

キンタマ大好きティペット節全開のナイスクルパーバランス。

本来動物が備えてるスットコドッコイな感じがよく出てます。


もう嬉しくって、デングリー

094274.jpg 


ベっタベタについてる表面の油がなくなるまで遊び倒したところで

094275.jpg

ん?

どうした。

なんか欲しいのか?

あ、わかった。

お前の大好きなアレだな。


よし、くれてやる。


はい、小骨。



094276.jpg フガーー!


と、だいぶ我が家に馴染んでおります。



さらに届いた、やっとこ国内流通の吸盤鉄砲

094277.jpg

ナーフ。

スポンジに吸盤やベルクロがついた弾丸を飛ばす中途半端な空気鉄砲。
バカ銃好きにはたまらん商品ですが、所詮これは吊るし玩具レベル。
1600円にまでならなきゃ、買うほどのもんではなく、エクストリーム気分で
遊ぶキモい連中とは、一緒にしないでいただきたい。



男の遊び方は


てめーレッド!早く怪獣やっつけろ!

094278.jpg

野郎、なかなか死なねえな、とヘラヘラしながら

画面を撃ちまくるのが、正解です。
posted by サンダーロードスタイル at 05:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

地獄週報 4月第4週

火曜日からこっち、親分ナシの子分ナシ。じゃなかった。
外出ナシの散歩ナシ。まったく困っちんぐの余裕ナッシング。
毎度のことですが追い込まれており、軟禁状態。

で、そんな中、家で何をやっていたかというと



はい、みんなのだいちゅきな

094201.jpg

ダイコンのシッポでちゅよー。


って、そんなわけねーだろ。ナメてんのか。俺、大人だぞ。

家でやってんのは不毛な飼育ではなく、仕事です。
泣きの締め切り延ばしてもらい状態で、血を吐きそうです。
吐かないけど。


そんなこの一週間での報告ごとと言えば、WFの参加申請が受理されたこと。
抽選なくてよかったっすね。あったのかもしれんすが、とにかく
グレイクレイ&サンダーロードスタイルは参加確定。今回モデリズムは別卓。

で、肝心の新作の準備は進めてんのかというと、それはきっちり進めております。
仕事の合間、メシ食った後、お茶飲んだ後、あたかも現実から逃避するかのように
アザラシの顔写真、アザラシの全体図、アザラシの骨格資料、アザラシの筋肉図、
可愛い子アザラシの写真と、ネットサーフィング。
そんなまさかのアザラシハンターぶりに、てめー北欧娘と釣鐘オヤジはどうした!と
お嘆きのサンダー人体造型ファンの皆様。大丈夫だっつーんすよ。
アザラシは資料がないから集めてるだけで、他はもう準備完了です。気合十分。
今の仕事が一段落したらスタートです。見ててください俺の変身。


さて、1週間も飼育写真だけだとアレなので、またも訳ありのオススメアイテムをひとつ。

理由はともかく狂犬オヤジに続く、サンダースピリッツ認定のアイテム。



オラに元気をわけてけれー

094202.jpg

表面をいろいろされましたが、フォルムは残った。かなりお気に入り。



胴体の接着位置が違ったり、量産と塗膜でダルダルになってますが
ベジータの中指が上がった拳もなかなか鳥山ワールドぶりの、これも。

094203.jpg

騙されたと思ってゲットした方がいい系。またもコンビニ一番くじ。
なかったらオークションだ。土方やふんどしと並べてね。


つーわけで、喰らえ、ウチの元気玉

094204.jpg

本気で投げたら、厚さ10mmまでの杉板ならゼッテー砕ける硬さです、パオパオ。
しかも凄い変化球になりそう。いっぺん、広いところで試してみるか。
posted by サンダーロードスタイル at 04:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

地獄週報 4月第3週

先日よりGILLGILLにて、六代目を取り扱っていただく運びと相成りました。
ホビコンGKでGILLGILL店長の吉川さんに六代目を購入していただいたんですが
こないだのトレフェスで話してたら、周囲で評判がいいなんつー話で。テヘー。
で、今後の足がかりも含め、サンダー造型を取り扱っていただく事になったわけです。

gillgillbanner.gif


他の高価なハイディティールキット購入のついで、つまり箸休めでつまむハナマメの
煮物的な感じ、すなわちレジ前のガム気分で買うのが送料もリーズナブルで
いいかと思われます。ウチは大阪方面でのイベント参加はほとんどないので
お店で買えばなおお手軽でお得。実物も確かめられます。ぜひどうぞ。

しかしGILLGILLで扱われているまさに超絶と呼ぶにふさわしいキット群の中で、
テメーのチンチクリン造型はどんだけスッカスカなんだと思うでしょ。
いやー、俺もそう思います。
正直、すげーキットと一緒に扱われてもなあ、って気持ちもないわけじゃないす。
手間ヒマかけたキットに比べれば見劣りして当然ですからね。心穏やかではない。
でもその反面、一緒に並べて扱われてこそ、やっぱ俺の進む方向は間違ってない、って
確信もあるわけです。次見てろみたいな。この方向で押し捲ってやるぞ、的な。

手間や技術では到達出来ない領域がある。河鍋暁斎の鴉みたいなとでも言いましょうか。
あんた人間も面白いけど、造るもんもホント面白いなっつーのが俺の理想です。
作ってるときの俺のニヤリとした感情が、手にとった人にもニヤリと伝わるのが目標です。
それがモノを作る価値であり意味であると思ってるわけです。一方的だけど、決して
投げやりではない伝達手段。俺にとっての良い造型、良い創作というのは、唯一無二の
作り手の喜びというかニヤリ気分や感情が伝えられてるもの、伝わってくるもの。
そういう意味で六代目の陸ちゃんは個人的にはかなりのお気に入り。
胸を張ってこのチンチクリン造型を、すげーキットの中で扱っていただこうじゃないすか。
と、今では心穏やかです。次はもっとこの路線で歩幅を大きく進む所存です。


さて

すっかり春を越えて初夏なこの頃。
ヒナタボッコしながら外でメシ食ってますか?いいぜー。良いお天気の下、食べるゴハン。
平和な俺とは裏腹にツレアイは、髪から腹から白いズボンまで全部ゴロゴロゴロゴローと
テリヤキチキンの塊を転がして体に茶色い道を作って固まってましたが、それも含めて春。

散歩に行った近所の川でも桜と入れ替わるように菜の花が咲き乱れ、カワセミなんかも
飛んでおり(東京なのに)実にグー。

ふとその川をバシャバシャと逆行する謎の物体あり。


094131.jpg

094132.jpg


あ、あれは!

094133.jpg

シャアズゴ!?
posted by サンダーロードスタイル at 00:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

日報休止のお知らせ

トレフェス無事終了しました。

お買い上げいただいた皆様ありがとうございます。



言いてーとこですが、そんな気持ちはコレッポッチもねえ。
それは誰にもお買い上げいただいてねーからです。
まさかではなく完全に予想通りで初の売上ゼロ。しょーねーな。
むしろオモチャを買って(アイアンモンガー)出費あり。マイナスです。
(オヤジさんを買っていただいた方はありがとうございました。)

イベントとしては、ホビコンよりもさらに遠い印象あり。
ホビコンよりも良かったのは警備のオネーチャンが可愛らしかったのと
ブース内が広かったことくらい。

さすがにこのイベント連続開催の状況なんで、ちょっと飽和気味な
感じだったすかね。開場1時間で、いつもの2時みたいな感じがしてて
当然ながら閉場前に撤収です。人いないんだもん。

特に変わり映えのしない商品群と展示の我がブースでしたが、
なんつーか、意外に女性のお客が反応してくれるわけです。
常に女性にチヤホヤされたい度MAXのサンダーロードですが
まあ群がってくるのは野郎ばかりで、ムサイことこのうえない毎日で
なんだよテメーたちゃよー、つけてるのはオッパイじゃなくてキンタマじゃねーか、
ペンチで挟んじゃうぞコノヤロウ、と内心ギリギリと歯噛みをしているのは内緒です。

とにかく思うに「うわーすごいですー」「えへへ」みたいな平和なやりとりをしてーんす。
でも、それはない。なぜか。俺がオシャレじゃないからです。
今まで一緒にブース出した皆様はコジャレたアーチスト臭いのばかりですよ。
常にアタマ3つ分はオシャレ度が低いサンダーロードは、オシャレ最下層に甘んじており
女性ファンには縁がないと、諦めているのが現実です。いいなーオシャレ。

しかし本日も、やっぱけっこうサンダー造型を喜んで見ていく女性は多い。
いつも横にいるモデリズムも、反応する女性多いすよと証言するし、ついには、
オシャレなんじゃないすか?なんつー話になり、おお!ついに俺もオシャレ臭い!やった!
俺も自分が実はオシャレなんじゃねーかとうすうす気付いてたぜ。

と思ってたんすが、帰りにパスタ屋で合流したツレアイ(本日不参加、朝出かけた
俺の格好を見てない)が今日の俺の格好を見るなり

「みすぼらしいなーそのジャケット(←背中に代紋)」との容赦のない現実ジャッジ。
「朝見てたら、止めさせてたな」と。いまさら「太ったし」とかも言うし。
さらばオシャレの俺。やっぱそうじゃねえとは思ってた。いい夢見たぜ。ちっと運動するぜ。


で、まあそれでどうだった?なんつー今日の話になって

「ああ、会長(アメコミ集団平のび会の)が、また差し入れもってわざわざきてくれてさー」

「いやー、いつも気を使ってもらってありがたい事ですね」

「いやまったく。そんで会長が、よくウォッチメン行きましたね、なんつってさ」

「ん?なんで?」

「ホラ俺、ウォッチメン大嫌いだからよ、よく見に行ったな、って」

「大、嫌い?」

093261.jpg

「バカオメー、好きなんて一言も言ってねーだろ。好きなワケねーよ、あんなの」

「だって100点だ100点だ!って大喜びしてたじゃん!」

「バカオメー、実写化が100点なだけだろ。原作がいいなんて一回も言ってねー」

「監督がギリギリだったんでしょ?」

「監督は危なっかしかったけど、いい仕事しただろ。けどモトがアレじゃ
面白くなりようがねーからな。コミックと答え合わせの確認映画よ。
だいたい登場人物全員中学生の脳しか持ってないインテリのタワゴトだから。
あくまで時代背景を鑑みて名作だっつーのが理解できるってだけで、生理的には完全に
アウトだよ。ロールシャッハなんかピーピー泣き叫んで、テメーはお嬢ちゃんかっつー」

「コスプレまでして遊んでたのに!」

「バカオメー、ああいうのは楽しいだろ。内容に関係なく」

という真実の衝撃をもって、トレフェスの報告は終了しました。



さて、次回参加イベントはWF夏となります。
グレイクレイとの参加でアダルトコーナー行き確定で。
でも怒涛の新作で勝負です。

というわけで、7月までこの日報はお休みさせていただきます。
いや、週報くらいにしとくか。いちおう。なんかあれば書きますけど
基本、毎日チェックコースの方は、週一チェックに切り替えてください。

では皆様、随分とお元気で。
posted by サンダーロードスタイル at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

本日トレフェス

トレフェス当日です。
TOPにもありますが、開催時間は10時〜17時。
なんとなくですが、開催前の感じはいつものGKイベントと比べてだいぶ静か。
前回の幕張はだいぶアットホームな感じだったというのを聞いてますんで
そういう意味でも他イベントとちょっと違うんすかね。落ち着いてます。
スティーブワンのGKをチャリティーで売るとか、ちょっと違う感じアリ。

つーわけで、だいぶ明日はヒマそうな予感ですが、久しぶりに、狂ったように
忙しい合間に参加でなくかなり落ち着いた状況での参加なので、
気持ちが穏やかでございます。

余裕のあらわれに、今朝なんか花見に行ってきました。
ウチの場合の花見は文字通りきちんと開花状況を観察するもので
バカとヘナチョコがワイワイ騒ぐ無様な酒の席とは全然違う知的な時間。
まだ全然でしたが、早く散るところがみたいす。サクラが明確な意志が
あるのを実感出来るのは散る時。騙されたと思って桜並木で散るのを
待ってたら、たぶん驚くと思います。木、スゲーなテメーって。
さすがウッドドゥはデーモン族でもゼノン親衛隊だな、っつー感じで。

で、人のいなさそうな朝7時で出かけてきたんすが、途中、

パンチパーマの後頭部を

イナヅマみたいな寝癖でマップタツにしたオッサンが、

前を閉じてない白い鯉口シャツをひるがえして

車道をママチャリで爆走していく姿がありました。

言葉こそ交わしませんでしたが、オッサンの心の叫びは聞こえたぜ。

「遅刻だー!」って。

本日は時間に余裕を持って出かけたいと思います。(←笑点か)

では会場で。
posted by サンダーロードスタイル at 01:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

メーン

誰が見張りを見張るんだっつー話で、

見張りてえ同士で勝手に見張りあってりゃいいだろ、と


吐いた暴言をー


飲み込んでのー


まさかのー



「俺も見張る宣言!」




094041.jpg←俺メーン

コスプレだメーン。



つーわけで、ついにウォッチメンに行って来たわけですが

結論から申しまして、100点満点で

100点

と、言えましょう。俺、満足。


しかし、誰でも楽しめるかというと、これほどお客を限定する映画もないす。

あくまでも当時、コミックで読んだ思い入れのある人のみ、向けのものであって、
そういう体験がない人は、かなりチンプンカンプンだと思われます。

アメコミを追っかけた経験のある人にとって、この作品は絶対の通過点の一つ。
好む好まざるとに関わらず。
今見れば内容は性急でお粗末な部分も多いすが、本質的なアプローチでいえば
普遍のテーマに挑んだもので、完成度をウンヌンするものではなく、発表当時に
おいてのこの着眼点と、完結させたパワーをウンヌンすべき作品です。

これがなければ、次の作品群は大きくステップアップできなかったという点に関して
異論を唱える人はいない、ゆえに名作扱いなわけです。

で、その原作をリスペクト、忠実に映像化したのが今回の映画なわけで、
良いか悪いかはともかくそれ以上でも以下でもない。コミックに忠実。これが全て。

だから映像で見てみたかった俺なんかは、もう文句のつけようがないわけですが
当時これが刊行された意味や時代背景なんかを知らない人が見たら、どうなんすかね。
ちょっと想像つかないす。

同時代をそれなりの思いで体験した者たちが共有できる仕掛けに満ちているので
悪く言えば、オタクの懐古趣味みたいなもんかもしれないす。
俺は嫌いなスロー演出も、ページをめくってコマを読む感覚に思えて今回は
良い方向に展開。徹底して大衆文化に準じた演出は、くすぐったいぐらいに
野卑でチープでエモーショナル。膝ピチャもんのシーン、何箇所かアリ。
もうキャスティングにおいては己の脳内映像の投影かっつー正確さ。


さて、そういうどうでもいい話はともかく

テメーのロールシャッハはなんなんだ、と。
バンダイなりきりキッズ・ウォッチメンなんか出てんのか、と気を揉んでるあなた。

これは日本限定発売。


まさかの、ロールシャッハ

手拭(700円)

094042.jpg


買うと、この状態で渡されます。

094043.jpg

実物大、超ハズカピーメーン。

しかしノリノリのこのバカ日報。

あと二回でまた休止するんだメーン。
posted by サンダーロードスタイル at 00:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

テンバッツ

月曜の納品の後にウォッチメンを見に行こうと思ってたんすが
なんだかやっぱりだいぶお疲れなので中止。素直に家に戻りまして。

じゃあ翌日の火曜に行こう、と思ってたんすが、まー疲れがとれてないらしく
かったるいままだったので中止。素直に寝てまして。

よーし、水曜日の朝イチで行こう!と思ったんすが雨降ってんじゃないすか。
これはちょっと無理だな、と中止。素直に諦めまして。

いくらなんでも木曜に行くぜと時間調べて早起きしたら、もう信じられないくらい
春の嵐が吹き荒れており、外を見たらビダルサスーンのCM並に車のカバーが
びゅぼぼぼぼ、と風をはらんでるじゃないすか。風、吹きすぎ。出航するぞ車。
家がちょっと揺れてるくらい、ブボー!とすげー音がして布団の中で思わず
笑っちゃうほどの吹きっぷり。こんな日に出たらカンペキ死ぬ。
つーわけで木曜も中止。

誰が見張りを見張るのか、というテーマのウォッチメンですが
ここまで来ると、見張りたいヤツ同士で勝手に見張りあってりゃいいじゃねーか、と
完全に他人事。果たして俺が見る日は来るのかウォッチメン。

そんなハメハメハ大王の息子達並に堕落しきった俺に、映画の神が怒ったらしく

本日昼間に仕事場に行ったら

作業机の真ん中に

「黒い髑髏」が・・・

094031.jpg

るおー!この世の終りか!


まあ、昔俺が作ったFRPの髑髏なんすが、スタチューとか並べている棚の
最上段から落下し、仕事中の原型の真横に落下したようで。

094032.jpg

これがまだ精密でもない作り始めの原型だったからよかったようなものの
作りこんだ後にこれだったら、発狂してたな。絶対。

しかしライダーの落石特訓並にゴロンゴロン落ちてきた臭いんすが
よく途中の模型どもをぶっ壊さなかったな、と思ったら
ルート的には、被害をこうむっている臭いヤツがいるじゃないすか。

094033.jpg


どれ、と見てみたら

094034.jpg

アタマにスコーンと当たったらしいす。

よかったー、首モゲなくて。

さすが天下のボーエンスタチュー。質実剛健。
posted by サンダーロードスタイル at 00:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

トレフェス告知

そろそろ5日(日)に開催のトレフェス話をしないといかんです。

サンダーロードスタイルの販売物は前回と同じ。

「大激怒!ムエタイ看護婦」「四代目新田甲斐蔵」
「六代目新田陸太郎」「MARS」の4点です。

持ち込める荷物的に最小限の商品数になってしまうと思うので
必ず手に入れたい方は、前回同様、メールにてご一報ください。
取り置きさせていただきます。


一応、今回モデリズムの「オヤジさん」が販売になりますが
このGKに関するお問い合わせはモデリズムにどうぞ。
随時あちらのブログで告知があると思われます。

それにしても、トレフェスの参加は初めてなんすが、

まー・・・

連絡がおっそい。

卓番号が決まりましたよー、なんつーのが正式に来たのが31日です。

094021.jpg

どんだけ悠長なんだ。
俺ら近所はいいすけど、遠くから参加する人はもう少し早めに
アナウンスして欲しいんじゃないすかね。こんなもんなのかな。

あまりのノンビリぶりに、5日前かよ!ってんで

ズッコケです。

094022.jpg


あんま可愛いんで、別角度からも

094023.jpg
5日前かよ!


しかしこのスノーウォーカー。
ゾウの動きを真似てアニメートされてますが
実際に模型として遊んだ時の可愛さは完全にヤギです。ヤギ。

紐で転がされた後、両足をプルプルさせながら立ち上がるシーンとか
なんでファンは作らねーのか。(自主映画)
その後カンカンに怒ってツバ飛ばしながら(頭部ブラスター乱れ撃ち)
飛び回るハエ(スピーダー)を走って追い掛け回すシーンとか、やって。
posted by サンダーロードスタイル at 04:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

ナイス#2

先日で少し余裕が出て、この2ヶ月にわたる疾走が若干落ち着きました。
やっと散歩も出来ますよこのやろう。つーわけで、本屋に歩く道すがら
改めて気付いたんすが、もう春じゃないすか。もう四月になっちゃってるし。

春といえばモグラの季節。毎日モグラがどれくらい大暴れしているか。
気になってしょーないす。
ウチの連中は、例の獣人で遊んだ穴を普通に使用しているらしく、穴は常に新鮮。
(* *)←こんな目をしてせっせと出入りしているかと思うとたまらんです。

で、散歩してたら別のモグラの群れに出会いまして。

これ。

094012.jpg

がーん!モグラスシリーズ。

さらにページをめくれば

094013.jpg

ガビーン、スーパー模型。

素晴らしいす。

掲載されているのはこれ。

094011.jpg

いやー、#1はちっと微妙だなと買わなかったんす。
北原臭い感じがするというか。スタイルとしての懐古趣味みたいでキモさが少々・・・
こういう模型が好きな俺が好き、みたいな感じでやってんじゃねーのー?
とかなり警戒してまして。(←疑り深い男)もしそれなら全然売上に協力したくない。

同族嫌悪というわけではないと思いますが、まあSF関係のプロップだ
なんだと騒いでいる人は、俺にはあんまり好感持てないんすよね。
わかった風なツラで講釈ウンヌン系が多く、あと10分遊ばせて、頼む!
というようなガキ臭いのがいない。
俺はシービュー号とか大好きですが、たぶん模型が好きな人とは
全然話が合いません。ネルソン提督狼男になる、とかそういうのが好きなわけで
幼稚に大好きなんす、たぶん。(←たぶんじゃ、ねー)深いこと考えたくない。

勿論精密な模型もいいんす。でも、まずこんなものはバカみたいであって欲しい。
執着に近い技術より、突飛な発想を楽しむ大らかさこそ欲しいじゃないすか。
異文化や異形にワクワクするオープンな気持ちが重要です。
それこそがセンスオブワンダー。
それで詳しけりゃなおよろしいすが、まずSFや特撮好きはすぐ考察だなんだと、
うるっせーんす。賢いフリか。テメー。しらけっから黙れコノヤロウと思うわけです。
理屈はいいからもっとニコニコ遊べ!っつー話です。

そういう意味で、#2のこの雑誌は素晴らしくバカで、大人気ない大人の
どうしょもない楽しさが伝わってきて久々に感動しました。雑誌のパワーというか。
最近の、模型雑誌にまったく見られなくなった面白さがここにあり。
ページをめくるのにワクワクしたのは久々です。
イヤな事に気付くのが怖いんであんま文字は読んでねーすが。(←コラ!)

でも買うっかねーす。
posted by サンダーロードスタイル at 01:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。